日本駅巡り紀行

埼京線

[ 埼京線 さいきょうせん ] JR東日本
大崎〜大宮(36.9km) ※山手線大崎〜池袋間13.4km、赤羽線池袋〜赤羽間5.5km、東北線(別線)赤羽〜武蔵浦和〜大宮間18.0km
[ 相鉄・JR直通線 ] JR東日本
武蔵小杉〜羽沢横浜国大間16.6km(東海道線(別線)※ホームはないが新川崎・鶴見経由扱い)

埼京線はJR東日本の路線で、大崎〜大宮間の運転系統の通称として用いられている。このうち大崎〜池袋間は山手貨物線の線路を湘南新宿ラインと共有している。池袋〜赤羽間の正式名称は赤羽線で、山手線とともに開業した歴史ある路線である。赤羽〜大宮間は東北線の一部ということになっているが、「埼京線」以外の路線名で案内されることはない。また、埼京線は大宮で川越線、大崎でりんかい線と直通しており、新木場〜川越間の運転系統を構成している。

東北・上越新幹線上野〜大宮間建設のバーターとして赤羽〜武蔵浦和〜大宮間に建設された通勤新線が元になっており、1985年に開業した。開業と同時に池袋〜赤羽間の赤羽線と一体運転が開始され、さらに1986年以降には山手貨物線への直通を開始した。2002年には大崎まで直通区間が延伸され、りんかい線との直通運転も実施している。

2019年に運転を開始した相鉄・JR直通線にも埼京線の車両が使用されている。湘南新宿ライン・東海道貨物線を通って相鉄に直通する海老名〜新宿間の運転系統で、一部列車は新宿以北の埼京線・川越線区間まで乗り入れる。

駅紹介

大宮駅は新幹線ホームの下の地下ホームから発着する。大宮〜赤羽間は東北新幹線に並行して建設された高架区間で、中間各駅のホームは新幹線と並行している。また、赤羽〜池袋間の赤羽線は古い路線のため、前後の区間とはかなり雰囲気が異なる。

下表には相鉄線直通(相鉄・JR直通線)を含めている。池袋〜大崎間各駅の山手線、池袋〜武蔵小杉間の湘南新宿ラインの乗り換え表記を省略している。

大宮駅 JA26|地下ホーム・橋上駅舎|通勤快速・快速停車駅|川越線直通、東北・上越・北陸新幹線、高崎線・宇都宮線・湘南新宿ライン・京浜東北線、東武野田線、ニューシャトル乗り換え
北与野駅 JA25|高架ホーム・高架下駅舎|快速停車駅
与野本町駅 JA24|高架ホーム・高架下駅舎|快速停車駅
南与野駅 JA23|高架ホーム・高架下駅舎|快速停車駅
中浦和駅 JA22|高架ホーム・高架下駅舎|快速停車駅
武蔵浦和駅 JA21|高架ホーム・高架下駅舎|通勤快速・快速停車駅|武蔵野線乗り換え
北戸田駅 JA20|高架ホーム・高架下駅舎
戸田駅 JA19|高架ホーム・高架下駅舎
戸田公園駅 JA18|高架ホーム・高架下駅舎|快速停車駅
浮間舟渡駅 JA17|高架ホーム・高架下駅舎
北赤羽駅 JA16|高架ホーム・高架下駅舎
赤羽駅 JA15|高架ホーム・高架下駅舎|通勤快速・快速停車駅|高崎線・宇都宮線・湘南新宿ライン・京浜東北線乗り換え
十条駅 JA14|地上ホーム・地上駅舎|通勤快速・快速停車駅
板橋駅 JA13|地上ホーム・地下駅舎|通勤快速・快速停車駅|都営三田線乗り換え
池袋駅 JA12|地上ホーム・地下・橋上駅舎|通勤快速・快速停車駅|湘南新宿ライン接続(直通)、山手線、東武東上線、西武池袋線、東京メトロ丸ノ内線・有楽町線・副都心線乗り換え
新宿駅 JA11|地上ホーム・地下・橋上駅舎|通勤快速・快速停車駅|中央線、京王線、小田急線、東京メトロ丸ノ内線、都営新宿線・大江戸線、西武新宿線乗り換え
渋谷駅 JA10|高架ホーム・高架下・橋上駅舎|通勤快速・快速停車駅|東急東横線・東急田園都市線、京王井の頭線、東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線乗り換え
恵比寿駅 JA09|高架ホーム・高架下駅舎|通勤快速・快速停車駅|日比谷線乗り換え
大崎駅 JA08・JS17|地上ホーム・橋上駅舎|通勤快速・快速停車駅|りんかい線直通、山手線乗り換え
西大井駅 JS16|地上ホーム・地上駅舎|横須賀線接続
武蔵小杉駅 JS15|高架ホーム・高架下駅舎|横須賀線・湘南新宿ライン接続(直通)、南武線、東急東横線・目黒線乗り換え
羽沢横浜国大駅 SO51|地下ホーム・地上駅舎|相鉄新横浜線乗り入れ(東急線方面乗り換え)

車両

埼京線にはE233系7000番台が専用で使用されている。また、りんかい線の70-000形が全線に渡って乗り入れるほか、相鉄12000系が直通列車に限って池袋まで乗り入れる。

     
E233系7000番台 埼京線で運行されていた205系を置き換えるために導入された車両で、首都圏の多くの路線で導入されているE233系の通勤タイプの一種である。205系と同じ緑色のラインカラーを巻いている。
70-000形 りんかい線用の車両で、E233系と運用は分かれているが埼京線・川越線の全線で使用されている。209系を元にした車両で、地下鉄直通外で東京近郊のJR線を走る車両では非幅広車体は珍しい存在となった。
12000系 相鉄がJR直通用に用意した車両で、E233系を元にした車両である。横浜ネイビーブルーの車体はJR線内では異彩を放っている。

運行(湘南新宿ライン除き、相鉄・JR直通線含む)

埼京線には各駅停車の他に快速・通勤快速の2種別が設定されており、快速は赤羽〜武蔵浦和間、通勤快速は赤羽〜大宮間で通過運転を行う。

日中は新宿〜武蔵浦和、新宿〜大宮間の各駅停車と(新木場〜)大崎〜大宮(〜川越)間の快速がそれぞれ20分間隔で運転され、新宿〜赤羽間では20分に3本、赤羽〜大宮間では20分に2本、各駅に停車する列車が運転されている。相鉄・JR直通線は1時間に2本の運転で、羽沢横浜国大以西の相鉄線内では特急となる列車もある。

平日朝夕ラッシュ時には快速の代わりに通勤快速が運転され、大宮発着列車が増発されるほか、赤羽折返し列車なども運転される。

・路線のデータ
開業日(池袋以北のみ) 池袋〜赤羽間:1885/03/01|赤羽〜大宮間:1985/09/30
路線長:36.9km(埼京線)
単線/複線 全線複線

・ページのデータ
公開:2022/12/31
更新:公開後未更新

・このページの場所
日本駅巡り紀行(サイトトップ)→駅・車両のページ(コーナー目次)→埼京線