日本駅巡り紀行

静岡鉄道静岡清水線

 

[ 静岡清水線 しずおかしみずせん ] 静岡鉄道

静岡清水線は静岡鉄道の鉄道路線で、静岡市葵区の新静岡駅と同市清水区の新清水駅の間を結んでいる。地方民鉄の路線としては異例の高頻度運転をして おり、静岡市民の足として年間1000万人以上の利用客数を誇っている。

静岡清水線のルーツは雨宮敬次郎の設立した静岡鉄道で、1908年に最初開業したのはすでに廃止された辻村(現:新清水)〜清水町(のちの波止場・ 廃止)間であった。同年中に鷹匠町(現:新静岡)〜辻村間も開業した。その間に同社は雨宮の立ち上げた大日本軌道に吸収されて静岡支社となっていたが、同 社は1920年の解散に向けて徐々に解体され、静岡支社の事業は駿遠電気に譲渡された。1920年に同線は電化されて1923年に社名が静岡電気鉄道に なった。その後は1943年の静岡鉄道発足、1949年の清水相生町(現:新清水)〜波止場間の廃止のほか県総合運動場以東を中心とした路線の付け替えを 経て現在に至っている。ちなみに静岡鉄道は静岡・清水・袋井市内の軌道や藤枝・袋井市内の軽便鉄道も経営していた。

静岡清水線は全線にわたって複線・電化された路線で、昼間でも1時間9本という高頻度運転をしているほか、朝には優等列車も運転している。車両も全 て自社発注の車両で、これらはいずれも地方民鉄としては異例である。また、全駅に自動改札を導入することで都市型ワンマンを採用しており、路線の雰囲気は 地方民鉄というよりも親会社である東急電鉄の池上線や東急多摩川線に似 ているように感じる。

駅紹介

路線は全線にわたって東海道線と並行しているが、明確な乗換駅はなく、最も近い草薙駅(静鉄・JRとも同名駅)でも100mほど離れている。

  駅名 連絡路線、停車種別など 駅の状況 沿線風景
S01 新静岡駅 JR静岡駅連絡可能
全列車停車
地上駅、駅ビル 駅ビル新静岡セノバの中に入る新静岡駅を出た静岡清水線は静岡市街地を縫うように して日吉町、音羽町を過ぎる。次の春日町から柚木を通り長沼までの区間は東海道・旧東海道に寄り添うようにして走る。そして古庄を過ぎると静岡清水線は大 きなガーター橋で東海道線・東海道新幹線を乗り越し、追い越し可能駅の県総合運動場に到着する。
S02 日吉町駅 通勤急行停車
地上駅、地上駅舎
S03 音羽町駅  
地上駅、地上駅舎
S04 春日町駅   地上駅、地上駅舎
S05 柚木駅   地上駅、地上駅舎
S06 長沼駅 JR東静岡駅連絡可能(遠い)
地上駅、地上駅舎
S07 古庄駅 通勤急行停車
地上駅、地上駅舎
S08 県総合運動場駅 急行停車
地上駅、地下駅舎
S09 県立美術館前駅   地上駅、地上駅舎 県総合運動場を出ると線内で最も新しい県立美術館前駅を通り、JR東海道線と接続 する草薙駅に至る。次の御門台ともども皇室に由来する駅名である。狐ヶ崎から桜橋を通って入江岡までは東海道線と並走する擬似複々線区間であり、ここには 線内最長駅間と線内最短駅間が隣り合っている。入江岡を出て巴川を渡ると終点の新清水である。
S10 草薙駅 JR草薙駅連絡
全列車停車
地上駅、地上駅舎
S11 御門台駅 全列車停車 地上駅、地上駅舎
S12 狐ヶ崎駅 全列車停車 地上駅、橋上駅舎
S13 桜橋駅 全列車停車 地上駅、地上駅舎
S14 入江岡駅   地上駅、橋上駅舎
S15 新清水駅 JR清水駅連絡可能
全列車停車
地上駅、地上駅舎

車両

2015年現在、全ての列車は1000形電車によって運行されている。2016年から8年間かけて、新型のA3000形に置き換えられていく予定で ある。

1000形 A3000形
1000形は静鉄静岡清水線の列車全てを受け持つ電車である。東急7200系を基礎に1973年から 1985年まで投入された自社発注車両で、2両編成12本が在籍している。
2016年春から新型のA3000形に置き換えられる。
A3000形は静岡清水線に2016年から投入される形式で、2024年ごろをめどに1000形を全て置き 換える予定である。12編成のうち7編成は虹の七色の塗装されて落成する予定である。

運行

大手民鉄並みの運転間隔が特徴的であるが、さらに運行時間帯も6時台から0時台までと、とても長い。また、優等列車として朝新清水方面には急行、新 静岡方面には通勤急行が運転される。

平日朝:12分サイクルで運転される。新静岡方面には全線通しの通勤急行・普通と県総合運動場始発の普通がそれぞれ1本運転され、新清水方面には全 線通しの急行・普通と県総合運動場止まりの普通がそれぞれ1本運転される。平均運転間隔は4分であるが、普通のみ停車駅では6分又は12分となり、駅に よっては昼・夕よりも運転頻度が低下する。

昼・土休日:全線通しの普通が1時間に9本運転される。平均運転間隔は6分40秒。かつては6分間隔で運転されていた。

夕:全線通しの普通が6分間隔で運転される。

施設

静鉄静岡線の駅名表などはこちら

・路線のデータ
歴史 1908(M41)年5月18日:静岡鉄道が辻村(現:新清水)〜清水町(後の波止場)間を開業/1908(M41)年7月28日:静岡鉄道、大日 本軌道静岡支社に/1908(M41)年12月9日:辻村〜鷹匠町(現:新静岡)開業/1919(T8)年5月1日:大日本軌道から分離、駿遠電気に /1920(T9)年8月2日:電化/1923年2月28日:静岡電気軌道に改称/1943(S18)年5月15日:戦時合併により静岡鉄道に改称 /1945(S20)年12月1日:清水相生町(現:新清水)〜波止場間休止(1949年3月25日に廃止許可)、静岡清水線が軌道から地方鉄道に
路線長:11.0km
単線/複線 全線複線

・ページのデータ
公開:2015年6月20日
更新:2015年7月31日

・このページの場所
日本駅巡り紀行(サイトトップ)→駅・車両のページ(コーナー目次)→静岡鉄道静岡清水線