日本駅巡り紀行

都営浅草線

 

[ 都営浅草線 とえいあさくさせん ] 東京都交通局

 都営浅草線(東京都交通局 1号線浅草線)は東京都の地下鉄路線で、大田区の西馬込駅から墨田区の押上駅を結んでいます。ラインカラーはローズ、駅ナンバリングの頭文字はAです。

 東京都が地下鉄事業への参入を許可されたのは1958年のことで、京成電鉄、京浜急行電鉄と直通運転することを前提に建設が開始されました。当時、京成は1372mm、京急は1435mmと線路の幅が異なっていましたが、京成が改軌を行うことでこの問題は解決されています。その後、1960年の押上〜浅草橋間を皮切りに工事は進んでいき、東京オリンピックを挟んで1968年には泉岳寺まで開通して京急との相互乗り入れを開始し、その年の暮れには西馬込〜押上間の全線が開業しました。

 運行面では京成・北総・芝鉄・京急の各社に直通しており、最長の乗り入れ列車である成田空港〜三崎口間の列車は、走行距離136.6kmと地下鉄を介した乗り入れ列車では日本最長の運行距離です。

駅紹介

 押上〜泉岳寺間は京急・京成の都心乗り入れ線、泉岳寺〜西馬込間は沿線の地域輸送というそれぞれ別々の側面を持っていて、駅周辺の雰囲気にもそれぞれで違いがあります。

 法律上の起点駅は西馬込駅となっており、駅ナンバリングもこちら側から振られていますが、実際には押上側から順に開業しています。また、開業当初は地下鉄そのものが3路線しかなかったため路線名などは特になく(都営地下鉄線と呼ばれていたそうです)、三田線(開業時は都営6号線)開業時に「都営1号線」、新宿線開業時に「都営浅草線」という路線名が定められました。

  駅名 連絡路線、停車種別など 駅の状況 沿線風景
A01 西馬込駅   地下駅、地上駅舎  西馬込〜高輪台で浅草線は国道1号線(第二京浜)の地下を通っています。この区間は郊外を走る地域の路線という雰囲気で、昼間は3本に2本が区間運行の列車です。
A02 馬込駅   地下駅、地下駅舎
A03 中延駅 東急大井町線連絡 地下駅、地下駅舎
A04 戸越駅   地下駅、地下駅舎
A05 五反田駅 JR山手線、東急池上線連絡 地下駅、地下駅舎
A06 高輪台駅   地下駅、地下駅舎

↑泉岳寺からは京急本線直通

A07 泉岳寺駅 京急本線直通
エアポート快特停車駅
地下駅、地下駅舎  泉岳寺駅から新橋駅までは国道15号線(第1京浜)の地下を走ります。この区間では東海道線と並行していますが、利用客は多くいます。
A08 三田駅 都営三田線、JR東海道線(田町駅)連絡
エアポート快特停車駅
地下駅、地下駅舎
A09 大門駅 都営大江戸線、JR東海道線(浜松町駅)、東京モノレール羽田線(モノレール浜松町駅)連絡
エアポート快特停車駅
地下駅、地下駅舎
A10 新橋駅 東京メトロ銀座線、JR東海道線線、ゆりかもめ連絡
エアポート快特停車駅
地下駅、地下駅舎
A11 東銀座駅 東京メトロ日比谷線連絡 地下駅、地下駅舎  新橋駅を出たところで、浅草線は昭和通りの地下に移り、さらに日本橋駅付近からは小さな道路を縫うように浅草橋まで向かいます。
A12 宝町駅   地下駅、地下駅舎
A13 日本橋駅 東京メトロ銀座線、東京メトロ東西線連絡
エアポート快特停車駅
地下駅、地下駅舎
A14 人形町駅 東京メトロ日比谷線連絡 地下駅、地下駅舎
A15 東日本橋駅 都営新宿線(馬喰横山駅)、JR総武線(馬喰町駅)連絡
エアポート快特停車駅
地下駅、地下駅舎
A16 浅草橋駅 JR総武線連絡 地下駅、地下駅舎  浅草橋駅からは江戸通りの地下を通るようになり、浅草からは浅草通りの地下を通ります。終点押上は、スカイツリー効果で最近注目度が上がっているエリアです。
A17 蔵前駅 都営大江戸線連絡 地下駅、地下駅舎
A18 浅草駅 東京メトロ銀座線、東武伊勢崎線連絡
エアポート快特停車駅
地下駅、地下駅舎
A19 本所吾妻橋駅   地下駅、地下駅舎
A20

押上駅

京成押上線直通、東京メトロ半蔵門線、東武伊勢崎線連絡
エアポート快特停車駅
地下駅、地下駅舎
↓押上からは京成押上線直通

運行

※2012年5月現在

 地下鉄なので各駅停車が基本ですが、羽田空港駅に直通する一部の列車は「エアポート快特」として線内の一部の駅を通過します。「エアポート快特」は先行列車を浅草線内で追い抜くことはありませんが、泉岳寺、押上の両駅で1本前と1本後ろの各駅停車に接続するダイヤになっています(押上駅では追い越しを行います)。

 昼間の運行は、直通する各社に合わせて40分パターンになっており、この間に押上〜泉岳寺間では8本(5分間隔、ただしエアポート快特の前後のみ10分間隔)、泉岳寺〜西馬込間では6本(5分間隔または10分間隔)が運転されます。このうち押上〜泉岳寺間の1本はエアポート快特、泉岳寺〜西馬込間のうち1本は同区間のみを走る区間列車です。全線を通しで運転する列車は1時間に3本しかなく、実質的には押上〜泉岳寺(〜京急品川)間と泉岳寺〜西馬込間の二つの系統に分離されています。

車両

 都営浅草線は開業当初は5000形が投入され、その後5000形のアルミ車体版である5200形が登場したりしましたが、現在は5300形に統一されています。もちろん直通先である京急・京成・北総の各社の車両も多く乗り入れており、バラエティ豊かな車両たちが行き交っています。

5300形
 古参5000形を置き換えるために導入された形式で、現在浅草線に導入されている唯一の交通局の車両です。アルミ車体ながらも白く塗られているのが特徴です。

・ページのデータ
公開:2012年5月1日
最終更新:2012年6月23日

・このページの場所
日本駅巡り紀行(サイトトップ)→駅・車両のページ(コーナー目次)→都営浅草線