日本駅巡り紀行

東急東横線

 

[ 東横線 とうよこせん ] 東京急行電鉄

 東横線は東京急行電鉄(以下東急)の鉄道路線で,渋谷〜横浜間24.2kmを結んでいます。東急の始祖的な路線であり,田園都市線と並ぶ東急のフ ラッグシップ 的路線です。東京地下鉄(以下東京メトロ)副都心線・西武有楽町線・西武池袋線・東武東上線,横浜高速鉄道みなとみらい線との相互直通運転を行っていま す。駅ナンバリングの記号はTY,路線カラーは「あか」です。

 現在の東横線をはじめに計画したのは武蔵電気鉄道という会社で,1908年に渋谷村〜平沼停車場(現在の相鉄平沼橋駅付近にあった国鉄の駅)間と 調布村〜蒲田停車場間の仮免許を取得しました。しかし計画はほとんど進まなかったようで,本免許を取得するも着工できずに失効し,再度免許を取り直すなど 足踏みしていました。1922年に目黒蒲田電鉄(以下目蒲電鉄)に調布村〜蒲田間の免許を譲渡し,その区間が1923年に目蒲電鉄目蒲線として開業する と,1924年に武蔵電気鉄道は目蒲電鉄の傘下に入って東京横浜電鉄(初代,以下東横電鉄)と改称し,1926年に神奈川線丸子多摩川(現:多摩川)〜神 奈川(反町〜横浜間にあった駅)間を開通させ,目蒲線との乗り入れによってようやく東京〜横浜間の連絡を達成しました。

 1927年に東横電鉄は渋谷〜丸子多摩川間を開通させて路線名を東横線とし,1932年までに横浜側も桜木町まで延伸して東横線は全通しました。 この間東横電鉄と目蒲電鉄はいずれも五島慶太が経営に携わるなど姉妹会社として歩んでいましたが,1939年に目蒲電鉄が東横電鉄を吸収合併しました。し かし,実態としては東横線が目蒲線よりも本線格であったため,逆に目蒲電鉄が東京横浜電鉄に社名を変更しました。第2次世界大戦が始まると東横電鉄は京浜 電気鉄道,小田急電鉄を合併して東京急行電鉄に改称しました(いわゆる大東急)。

 その後東急東横線は路線名,区間ともに変化がありませんでしたが,1964年から帝都高速度交通営団(以下営団)日比谷線との直通を開始し (2013年に終了),さらに目蒲線改良事業の一環として2000年に田園調布〜武蔵小杉間を複々線化して目黒線(さらに目黒線を通して営団南北線・都営 三田線)との直通を開始しました(複々線区間は2008年に日吉まで延伸)。2004年には東白楽〜横浜間の地下化とみなとみらい線の開通に伴い横浜〜桜 木町間を廃止し,69年ぶりに東横線の区間が変化しました。2013年には渋谷駅が地下化されて東京メトロ副都心線との直通運転を開始し,特急・急行の一 部が10両編成化されるなど大きな変化が生じました。

駅紹介

 東横線は東急のフラッグシップ路線として多くの改良工事が行われたため,地下化された渋谷・横浜付近や複々線化された田園調布〜日吉間のようにと ても新しい設備を使っている区間があります。しかし一方で昔ながらの雰囲気を残している駅もあります。最近ではホームドアの導入などのさらなる改良工事が 進められています。

  駅名 連絡路線、停車種別など 駅の状況 沿線風景
TY01
DT01
Z01
F16
渋谷駅
(参考:渋谷駅(地上)
特急,通勤特急,急行停車駅
東京メトロ副都心線直通
東急田園都市線・東京メトロ半蔵門線,東京メトロ銀座線,JR山手線,京王井の頭線乗り換え
地下駅,地下駅舎
 渋谷は東京メトロ副都心線と共用の地下駅で,明治通りの地下にあります。地上に 出ると代官山ですが,代官山の横浜方ですぐに短いトンネルに入ります。中目黒ではかつて副都心線との乗り入れ開始まで日比谷線と乗り入れていましたが,現 在は回送列車のみが乗り入れます。中目黒を出ると祐天寺,学芸大学,都立大学と高架駅が続きます。大井町線と連絡する自由が丘は追い越し可能駅で,終日に 渡って特急・急行が確定を追い越します。田園調布で東横線は地下に入りますが,この駅からは目黒線電車が走る線路が東横線の線路の間に入ってきます。
TY02 代官山駅  
地上駅,橋上駅舎
TY03
H01
中目黒駅 特急,通勤特急,急行停車駅
東京メトロ日比谷線乗り換え
高架駅,高架下駅舎
TY04 祐天寺駅  
高架駅,高架下駅舎
TY05 学芸大学駅 急行停車駅
高架駅,高架下駅舎
TY06 都立大学駅  
高架駅,高架下駅舎
TY07
OM10
自 由が丘駅 特急,通勤特急,急行停車駅
東急大井町線乗り換え
高架駅,高架下駅舎
TY08
MG08
田 園調布駅 急行停車駅
東急目黒線直通(田園調布〜日吉間で案内上は東横・目黒の2路線が並走)
地下駅,地上駅舎
TY09
MG09
多摩川駅 急行停車駅
高架駅,高架下駅舎
  田園調布〜日吉間は複々線で,内側の2線を目黒線電車が使用します。多摩川では目蒲線分離で目黒川と切り離された東急多摩川線と連絡し,新丸子を過ぎると JRとの乗換駅で近年発展著しい武蔵小杉を経て元住吉に至ります。元住吉は高架駅で,高架下には車庫が広がる変わった線路配置の駅です。慶応義塾大のある 日吉では目黒線電車が折り返します。
TY10
MG10
新丸子駅  
高架駅,高架下駅舎
TY11
MG11
武蔵小杉駅 特急,通勤特急,急行停車駅
JR南武線,JR横須賀線乗り換え
高架駅,高架下駅舎
TY12
MG12
元住吉駅  
高架駅,橋上駅舎
TY13
MG13
日吉駅 通勤特急,急行停車駅
横浜市営地下鉄グリーンライン乗り換え
地下駅,地上駅舎
TY14 綱島駅 急行停車駅
高架駅,高架下駅舎
  日吉を過ぎた東横線は再び複線となります。この区間は沿線に住宅地が広がり,東横線の中では昔ながらの雰囲気を残している区間です。日吉を出ると急行停車 駅でかつては温泉の町としてにぎわった綱島,大倉山を経て,横浜線との乗換駅で追い越し可能駅である菊名を通り,妙蓮寺,白楽,東白楽と進みます。白楽と 東白楽は,路線図上は東西が逆転しますが,実際にはぎりぎり東白楽のほうが東にあります。反町,横浜は地下駅で,横浜からはほぼ全列車がみなとみらい線に 直通します。
TY15 大倉山駅  
高架駅,高架下駅舎
TY16 菊名駅 特急,通勤特急,急行停車駅
JR横浜線乗り換え
地上駅,橋上駅舎
TY17 妙蓮寺駅  
地上駅舎,地上駅舎
TY18 白楽駅  
地上駅,地上・橋上駅舎
TY19 東白楽駅  
高架駅,高架下駅舎
TY20 反町駅  
地下駅,地上駅舎
TY21
MM01
横浜駅 特急,通勤特急,急行停車駅
横浜高速鉄道みなとみらい線直通
JR東海道線・JR根岸線,京急本線,相鉄本線,横浜市営地下鉄ブルーライン乗り換え
地下駅,地下駅舎

車両

5000系・5050系
No Image
 準備中

 

・ページのデータ
公開:2014年8月12日

・このページの場所
日本駅巡り紀行(サイトトップ)→駅・車両のページ(コーナー目次)→東急東横線