日本駅巡り紀行

りんかい線

[ 臨海副都心線 りんかいふくとしんせん ] 東京臨海高速鉄道
新木場〜大崎(12.2km)

りんかい線は東京臨海高速鉄道(TWR)の路線で、有明・台場・天王洲などの臨海地域を経由して新木場〜大崎間を結んでいる。正式名称は臨海副都心線だが、2000年の愛称制定以来「りんかい線」という愛称で専ら呼ばれている。大崎からは埼京線・川越線に直通し、新木場〜川越間の運転系統を構成している。

国鉄京葉線の一部として建設が進められたが旅客化されなかった、東京貨物ターミナル〜新木場間の未成線がりんかい線のもととなっている。東京テレポート〜新木場間は世界都市博の開催に向けて未成線の一部を第3セクターTWRの路線として開業させた区間で、大崎〜東京テレポート間は埼京線を介して都心部に乗り入れるため新規に計画・建設された区間である。なお、東京貨物ターミナル〜東京テレポート間については、車両基地への回送線として活用されている。

開業当初は赤字経営だったが、臨海地域の開発進展や埼京線への直通などで利用者数は増加し、2006年に単年度営業黒字を達成した(コロナ禍では再び赤字決算)。羽田空港アクセス線の臨海ルートには本路線と車両基地への回送線が活用される計画で、その関係でJR東日本がTWRの買収の意向を示しているという報道もある。

駅紹介

新木場〜東雲間と大崎付近を除き地下を走る。第1期区間の東京テレポート・国際展示場は地上からホームまでが巨大な吹き抜けのような構造となっている。

各駅停車・快速・通勤快速ともに各駅に停車する。

大崎駅 R08|地上ホーム・橋上駅舎|通勤快速・快速停車駅|埼京線直通、湘南新宿ライン・山手線乗り換え
大井町駅 R07|地下ホーム・地下駅舎|通勤快速・快速停車駅|京浜東北線、東急大井町線乗り換え
品川シーサイド駅 R06|地下ホーム・地下駅舎|通勤快速・快速停車駅
天王洲アイル駅 R05|地下ホーム・地下駅舎|通勤快速・快速停車駅|東京モノレール羽田空港線乗り換え
東京テレポート駅 R04|地下ホーム・地下駅舎|通勤快速・快速停車駅|ゆりかもめ乗り換え
国際展示場駅 R03|地下ホーム・地下駅舎|通勤快速・快速停車駅|ゆりかもめ乗り換え
東雲駅 R02|高架ホーム・高架下駅舎|通勤快速・快速停車駅
新木場駅 R01|高架ホーム・橋上駅舎|通勤快速・快速停車駅|京葉線、東京メトロ有楽町線乗り換え

車両

りんかい線には自社の70-000形とJR東日本のE233系7000番台が使用されている。JR車でもりんかい線内折返し運用に用いられており、70-000形よりもE233系で運転される列車のほうが多い。

   
E233系7000番台 埼京線で運行されていた205系を置き換えるために導入された車両で、首都圏の多くの路線で導入されているE233系の通勤タイプの一種である。205系と同じ緑色のラインカラーを巻いている。
70-000形 りんかい線用の車両で、E233系と運用は分かれているがりんかい線・川越線の全線で使用されている。209系を元にした車両で、地下鉄直通外で東京近郊のJR線を走る車両では非幅広車体は珍しい存在となった。

運行

りんかい線には埼京線に合わせて各駅停車の他に快速・通勤快速の2種別が設定されているが、全列車が各駅に停車する。

日中は新木場〜大崎(〜川越)間の快速が約20分間隔で運転され、その合間に線内折返しの各駅停車が1時間に4本運転される。湘南新宿ラインとの接続などの関係か、運転間隔は均等でない。

・路線のデータ
開業日 新木場〜東京テレポート間:1996/03/30|東京テレポート〜天王洲アイル間:2001/03/31|天王洲アイル〜大崎間:2002/12/01
路線長:12.2km
単線/複線 全線複線

・ページのデータ
公開:2023/01/15
更新:公開後未更新

・このページの場所
日本駅巡り紀行(サイトトップ)→駅・車両のページ(コーナー目次)→りんかい線