日本駅巡り紀行

3000形(2代目)(京成電鉄)

 

[ 3000形 ] (京成電鉄) 京成各線・都営浅草線・京急各線用

3000形は京成電鉄の保有する通勤電車で、金町線を除く京成電鉄の全ての路線で使用されている。京成グループ標準車体として、北総7500形、千 葉ニュータウン鉄道9200形、新京成電鉄N800形などの元となった形式である。

京成電鉄で標準的な18m級の3扉車両で、車体はステンレス製である。制御機器としては京成で初めて採用されたIGBT-VVVFインバータが採用 されており、省エネ化が達成されている。前面はブラックフェイスとされ、前照灯は上に、尾灯と標識灯は下にまとめられている。3700形まで採用されてい た種別表示機は廃止された。側面はステンレス無塗装とされ、赤と青の帯は3700形までよりもかなり細いものとなった。

老朽化した3200形、3300形、3500形などを置き換えるため2003年より投入が開始されたが、このうち3500形については、当初車体更 新で済ませるつもりが車体の想像以上の腐食により車体更新を行う費用的なメリットが無くなり、未更新車は本形式で置き換えられることになった、という経緯 がある。2015年現在でも断続的な増備が行われており、京成電鉄で最大の保有両数を誇る大所帯となった。また、京成成田空港線建設時に増備された 3050形も本形式の一部とみなすことが多い。

外観


 3030編成 上野方より 四ツ木にて
京成3000形は京成電鉄の標準型車両と位置付けられており、そのデザインと設計はグループ各社の車両にもほぼそのまま流用されている。前面には地下鉄直 通のために貫通路がついているが、3700形よりもさらに車端部に寄せられたことによって運転席の窓はより大きくなった。他の形式とは一線を画すブラック フェイスと細くまとめられたラインカラーが特徴的である。
3000形は第1編成の3001編成が8両で落成したほかは普通向けの6両編成の投入が続いていたが、3026編成から3030編成までは8両編成とな り、特急などの優等列車で見かける機会も増加した。

車内

 
 車内(先頭車)
車内はオーソドックスなオールロングシートで、色は化粧板が薄いアイボリー、座席モケットがラベンダーとされている。車端部が長く取られた座席・ドア配置 は3600形以来の京成車に共通のものである。

 車いすスペース
先頭車には車いすスペースが設置されている。

 
 ドア
ドアは金属の無塗装で、鴨居部には1列表示のLED車内案内表示機と大きな路線図が千鳥配置されている(3025編成までの各編成)。写真はないが、 3026編成以降の各編成では3050形と同様に鴨居部には1画面のLCD車内案内表示機が設置されている。

  運転台
マスコンはワンハンドルマスコンを採用している。運転台の機器は新しさを感じさせるグレーに塗られているが、グラスコックピットがほとんど採用されていな い保守的な計器配置である。

・形式のデータ
沿革 2003(H15)年2月:第1編成営業開始
編成数・両数(2015年現在):30編成192両(3050形除く)

・ページのデータ
公開:2010年10月4日
最終更新:2015年7月26日

・このページの場所
日本駅巡り紀行(サイトトップ)→駅・車両のページ(コーナー目次)→京成電鉄→3000形