日本駅巡り紀行

金沢文庫駅

[ 金沢文庫駅 かなざわぶんこえき KK49 ] 神奈川県横浜市金沢区
橋上駅舎
構造:地上ホーム・島式2面4線
金沢八景駅(浦賀方面)←京急本線→能見台駅(品川方面)

金沢文庫駅は京急本線の駅で、京急の車両運行上の拠点駅である。当駅〜金沢八景間は京急唯一の複々線区間で、並行して金沢検車区が設けられているため、当駅発着の列車や当駅で車両交換を行う列車が多数ある。また、当駅〜品川間の特急停車駅(神奈川新町駅下りホームを除く)のホーム有効長は12両編成となっているため、当駅で増解結を行って当駅〜神奈川新町・品川間で12両運転を行う列車もラッシュ時に存在する。

駅の周辺は住宅地で、近隣に工業団地もあるため利用者数は上大岡以南で最も多い。

画像
 東口
駅舎は橋上駅舎で、駅の東西に出入口が設けられている。

画像 画像
 東口駅前
東口の駅前広場は狭いが、タクシー乗り場とバスのりばが設けられている。

画像
 西口

画像 画像
 西口駅前
駅から少し離れた場所に駅前広場がある。

画像
 改札
改札は橋上駅舎内に1箇所だけある。

画像 画像
 ホーム 1枚目:品川方・2枚目:浦賀方
島式2面4線の地上ホームで、ホームの幅は広い。

画像
 留置線
車庫所在地であるとともに折り返し列車も多数設定されているため、駅構内には留置線が設けられている。

画像
 発車標
LEDランプによる停車駅案内があるタイプ

画像
 品川方
金沢八景から続いた複々線は当駅の北側で複線に収束する。

画像
 浦賀方
浦賀方は複々線区間だが、留置線や総合車両製作所などがあるため複々線以上に線路があるように見える。

画像
 駅名標

金沢八景駅(浦賀方面)←京急本線→能見台駅(品川方面)

・駅のデータ
沿革 1930/04/01:開業
駅のある地点:本線品川起点39.5km

・ページのデータ
取材:2021/10/03
公開:2021/12/29
更新:公開後未更新

・このページの場所
日本駅巡り紀行(サイトトップ)→駅・車両のページ(コーナー目次)→京急本線→金沢文庫駅