日本駅巡り紀行

取材:2010年12月11日
公開:2010年12月20日
更新:2012年2月5日(画質を向上、デザインを変更、文章等は公開時のまま)

京急川崎駅

 

[ 京急川崎駅 けいきゅうかわさきえき KK20 ] 神奈川県川崎市川崎区
                                  京急大師線→  港町駅(小島新田方面)
八丁畷駅(浦賀方面)(次の掲載駅は鶴見市場駅 )   ←京急本線→  六郷土手駅(品川方面)

 京急川崎駅は京急本線、大師線の分岐駅で、同社の主要駅のひとつです。川崎市の中心部に位置しJR川崎駅ともほとんど離れていないため、駅の利用客はかなりの量です。

 本線の駅だけを見るとどこにでもある追越可能な2面4線の高架駅ですが、地上の改札内通路に並行して大師線の櫛形ホームがあるため珍しい構造になっています。また、本線の泉岳寺方には引き上げ線があり折り返し列車が存在する他、大師線の小島新田方には留置線と本線への連絡線があります。

 
 左:南口(西側) 右:南口(東側)
メインとなるのは南側の高架下に位置する2つの出入り口で、駅の東西に2箇所設けられていて、東側の出口は京急ストアが併設されています。


改札も混雑しています。

 
裏口的な存在なのが北口で、大師線が地上の駅東側を通る関係で西側にしか有りません。

 右から1・2・3番線
南口改札を入ってすぐ右側にあるのが大師線ホームです。写真左側はそのまま改札内の通路に繋がっていて、本線からの乗換えは便利です。基本的に本数が余り多くないときは3番線(両面ホームのコンコース側)のみを使い、乗換えなどの便を図っています。


大師線の駅名標です。


高架線上にあるのは本線のホームです。頻繁に特急、快特などを普通、エアポート急行が退避するため、ホーム上には必ずといっていいほど列車がいます。


本線の列車案内表示は反転フラップ式というバタバタ板が回転して表示を行う仕組みです。ちなみに接近メロディは「上を向いて歩こう」(坂本九)です。


本線の駅名標です。

 

                                  京急大師線→  港町駅(小島新田方面)
八丁畷駅(浦賀方面)(次の掲載駅は鶴見市場駅 )   ←京急本線→  六郷土手駅(品川方面)

「日本駅巡り紀行」トップへ